宇都宮の出会い掲示板から物語が始まります

それは、第1巻が2009年8月19日に1年以上ぶりにリリースされて以来、
あなたが読んでいる作品としてそれを忘れがちです。
また、宇都宮の出会い掲示板が水平に配置されており、従来の縦のトーンとは異なるのが印象的です。

宇都宮の出会い掲示板

それは仮想の戦争記録ですが、まさにヨーロッパでの第一次世界大戦の前夜の出現です。
プロイセンはその技術的・軍事的能力を背景に他国に急いでいるように感じます。
作品ではヴァイセンという国になりますが、主人公が現代のヴァイセンから中世の色彩が強い隣国宇都宮の出会い掲示板に軍事顧問として派遣されたところから物語が始まります。国は革新的なグループです。保守的で分裂したバーゼル内戦に勝つ。
そこから故郷に帰りましたが、クーデターの影響でバーゼルに亡命しなければならなかったという展開で第1巻が終わり、死に至りました。

宇都宮の出会い掲示板がついにこの巻から書きたかった内容なのかしら。
ヴァイセンとバーゼルランドの泥炭地の間の戦いは、現代の戦争から始まります。
まだ戦争の始まりの国境を動員する傾向がありますが、各国の考えと一人一人の考えが混ざり始めています。
あるキャラクターが大きく変わったのではないかと心配ですが、ミリタリーレコードが好きな人としてはミディアムコンテンツでした。