栃木ではみんな出会いに熱狂していた

栃木
小学生の頃はみんな熱狂していて、バカ放送の翌日見ないと話に参加できませんでした。その後、いかりやと長助の追悼式の後、しばらくドリフの笑い声を観察していた。特に「ハロー〜」シリーズが好きでした。小中学生の時、好きな芸能人でした。
栃木やビートたけしとは深い関係があったようで、いかりやや長助とは関係が悪かったようです。ジョージが馬鹿に現れたとき、志村、桑満、田代に歌い、歌ったことを覚えているだけで、「志村健はドリフトのチョスケを嫌い、すぐにやめた」。栃木、よく覚えています。
振り返ってみると、その笑顔は素晴らしかったので、ずれているかもしれませんが、笑顔でいて良かったです。

栃木には頻繁に出会いに来ます

栃木は、中山マイルの内外はそれほど違いはありません。変なタイミングで回すとロスが大きく、騎士の腕が何か言ってくれます。
☆2嵐の海。これらの大きな馬は、このレースで頻繁に来ます。

トリプル
7-2、13、16-2、3、6、8、9、11、13、16

栃木日はG1大阪カップになります。サトゥルニアはありません。ランナー数も12人。 GIIのようなものです。ダンケイキングリーが最も人気のあるネッケイバオッズですが、本当ですか?あなたが考えるなら、それはまだ落ちています。誰もがダノン・スマッシュについてよく知っていました…
「最後の地震」
奇妙な地震でした。
地震のせいか、10分くらいから揺れ始め、澄んだ栃木がゆっくりと揺れていました。
このような大地震はいつでも止めていただきたい。

栃木出会いには何の問題もないと思います

1栃木出会い2頭目の馬は人数だけのマッチングだったので無視しました。クルーガーは昨年だけ海外に行ってロクと対戦できなかったようですが、8歳の馬が短距離重賞を勝ち取ったことは何の問題もないと思います。しかし、それは4番目に人気があった…

「栃木出会い
今日は晴れのはずです。恐ろしい近接戦闘。
◎7プリモシーン。これだけ弱いです。昨年のビクトリアMはかなり激しかったです。デムロはまた、困難な山々を回るのがとても得意であり、この期間のゲバラの乗馬は素晴らしいものでした。
○13エメラルドの戦い。昨年中山に今回優勝した。ただ、当時は不評でしたが力強く、狙っていたのを覚えていましたが、短期的には結果が悪かったです。
栃木出会い。なんとも言えない馬ですが、凹凸があります。