栃木の出会いでは愛する人に花を贈ります

栃木の出会い」と言った。

栃木の出会いは愛する人に花を贈ります。

私たちは愛する人に何を与えることができますか?
栃木 出会い

小梅

久々の梅花かな

季節の言葉は夏の季節の言葉、小梅です。
子言語はありません。

*同様の季節用語はMiumeです。これは「青梅」の子供時代の言葉です。

梅の品種は小さいです。塩漬けまたは漬け梅。昔、長野県と山梨県で獲れた小梅は有名で、それぞれ信濃梅と甲州梅と呼ばれていました。

青梅のお尻
(室生)
待栃木の出会い望の顔を三梅に移動
(中田南)

私は梅の果物よりも果物の桃を考える傾向があります。これも観察能力ですか?
これは小梅ではありません。

この中田南梅梅俳句。この場合、「見る」と書かないでください。

栃木で治療を受けて出会いをした

シーズンはヴァン・ゴッホ
栃木の揚げ羽、誘n灯、サンドレス、熟した小麦、ささやきではなく

画家栃木・ゴッホの絵は、「開花したアーモンドの木の枝」が好きです。アーモンドの花は桜に非常に似ています。

ゴッホは、南フランスのプロヴァンスの病院で治療を受けていたときに、パリに住んでいた弟のテオに手紙を送りました。

栃木 出会い

ヴァン・ゴッホの愛に関する物語。
ゴッホは、パリの「カフェ・ド・タンブラン」と呼ばれるレストランで経営していたアゴスティーナ・セガトリという女性に恋をしました。 (後で彼女の肖像画に取り組んで)
ゴッホは彼女に求愛するために栃木を買いたかったが、彼はそれを買う余裕がなかった。
彼女に会ったとき、ゴッホは静物画、特に花の静物画を練習していました。ヴァン・ゴッホは本物の花束を与える代わりに花束を描き、彼女に「これをあなたに

栃木の一部の出会いでは眠りに落ちる場合もあります

(栃木良一)
澄んだものしか飲めない熱帯の夜
(栃木緑セイコー)

暑くて眠りにくい夏の夜には、眠らなければならない場合もあれば、眠りに落ちる場合もあります。
一部の人々は暑くてイライラしています。
栃木 出会い

それにもかかわらず、暑くても寒くても、足の裏の土の敷居は変わりません。
常に変化しないものがあるというフレーズ。

栃木なものだけを飲むというフレーズほど良くありません。

今日も暑いですね。

それから仕事に行きます。
「ゴッホ」
ゴッホの耳と黒い翼

誘dnされたヴァンゴッホの夜カフェテラス

サンドレスヒラリヴァンゴッホスウェルロード

空に熟した小麦とゴッホが咲く

さやけしとゴッホの大好きな黄色い肌