栃木で治療を受けて出会いをした

シーズンはヴァン・ゴッホ
栃木の揚げ羽、誘n灯、サンドレス、熟した小麦、ささやきではなく

画家栃木・ゴッホの絵は、「開花したアーモンドの木の枝」が好きです。アーモンドの花は桜に非常に似ています。

ゴッホは、南フランスのプロヴァンスの病院で治療を受けていたときに、パリに住んでいた弟のテオに手紙を送りました。

栃木 出会い

ヴァン・ゴッホの愛に関する物語。
ゴッホは、パリの「カフェ・ド・タンブラン」と呼ばれるレストランで経営していたアゴスティーナ・セガトリという女性に恋をしました。 (後で彼女の肖像画に取り組んで)
ゴッホは彼女に求愛するために栃木を買いたかったが、彼はそれを買う余裕がなかった。
彼女に会ったとき、ゴッホは静物画、特に花の静物画を練習していました。ヴァン・ゴッホは本物の花束を与える代わりに花束を描き、彼女に「これをあなたに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です