栃木の出会いでは私のことを気にかけている

状況に気づいた僧侶
栃木の出会いと話してください。

「私は孤独です。犬はいつも私のことを気にかけているようです。」

コタ
「ジョンがいつも使っているのは食器だから
栃木の出会いはとてもうるさいです。
どうやら息子たちは兄弟の喧嘩をしているようです。

彼は仲裁に入るために子供部屋に向かいます。

ガチャ

シーン、、、

「なぜ喧嘩は終わったの?仲良くしよう!」

それは彼が子供部屋を去ったと言った。

しばらくして
また、子供部屋は騒々しくなります。

「栃木の出会い、また会いましょう!」

ガチャ

シーン、、、

「一体何してたの?」


「私は、私たちのどちらが私の父に好かれたかについて話していました。」


「私はこの男をあきらめません!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です