絶対に奮発していた宇都宮の割り切り

女性は自分の行動が不合理であることを知っているようです。

それを知って、女性がそれを変える方法はありません。

男性が不合理な女性に注意を払って対処しなければならないのは最近です。

宇都宮の割り切り
たとえ家事や育児が良いとしても、妻の気分を奪うという果てしない努力だけが、

知りません …
高知県に半平太武という男がいました。宇都宮の割り切り

彼の本名は水山半平ですが、現代のオフィスワーカーのような人はいません。

江戸時代には、高知県には「女子」と「ごし」の階級制度がありました。宇都宮の割り切り

「後藤正二郎」や「板垣修介」などの歴史上有名な男性は、高知県の先輩です。

上司は人間であり、司祭は虫ケラと呼ばれる陰湿な地位システムを持っていました。

「坂本龍馬」、「岩崎弥太郎」、「岡田伊蔵」、「中岡慎太郎」などはすべて高知県出身です。

竹一半市は白須田郷と呼ばれ、上位にいました。

この白須田ふしは、ふしの中で、上司と一緒に聴衆を持つことが許されている唯一の人であり、現代では彼はマネージャーです。

たとえば、大企業には、エンド従業員が社長と直接話をする機会はありませんが、同様です。

たけいち彼は、反発したばかりの悪党を抑圧するために、高知県(土佐氏族)を維持するために必死に奮闘しました。

坂本龍馬と土佐Toから次々と出てきた町民は、「宇都宮の割り切り会社を辞めないで」と言うのをやめた。

当時、氏族の許可なしに土佐氏族を離れることは絶対に禁止されていました。宇都宮の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です